火葬

火葬

火葬にかかるタイムは1〜2時間火葬場所では葬儀社担当者や御坊さんの命令に従って、最期のお辞別をします。火葬には1タイム〜2タイムほどかかりますので、参加人に差しだす御茶や清酒、御菓子などを準備しておきましょう。遺族は会葬人に、火葬所まで来てもらった謝礼と、死人が生前お世話になったことへの謝意を表すことを忘れないようにしましょう。列席する時は、故人を偲び、遺族を心配ります。日本の火葬比率は99.9%死屍をどうするかは、教会やカルチュアによって違います。欧米では今日此の頃でも埋葬することが多いようですが、日本では99.9%以上が火葬です。土葬は日本でも法令では承認られていますが、法律で厳禁している自治体が多く、条例を定めるしていない市町村でも、じつはには土葬許可は下りにくいと言われています。最近の日本で火葬が世間一般になった根拠は、わずか地所を有効使用でき、衛生的にも安全だからだと考えられます。火葬が終わった後は骨上げのセレモニーが行われ、遺骨を骨壺に納めます。火葬を行うための仕方について火葬を実行ためには、火葬許可申込を行い、火葬ライセンスの交付を受ける必要があります。原則、火葬許可申請書は死亡届と同時に、市区町村の市役所に提出します。一部分の市町村では、死亡届を渡すすることで火葬許可証が発給されるところもあるようです。死亡届と火葬ライセンスの提示は、葬儀社が代わりにしてくれることが多いです。家族で行うのがハードな場合は委託すると良いでしょう日本で始まったタイムは判然しないが日本国内各地の縄文ピリオドの遺跡からも火葬骨が出土する弥生時代以降の古墳のスタイルのひとつに「かまど塚」「横穴式木芯粘土室」などと呼ばれるスタイルの代物があり、その中には火葬が行なわれた跡形が有るものが認められる。

 

誰もがいずれは絶命します。これは気の毒な物ごとですが、ヒト属のボディーが動かなくなった時の事を深々想うフィロソフィーや組織宗教を長持のは避けられない物ごとです。しかしあなたが葬儀屋でない限り、死後にあなたの血液やミートに何が起こり、どのくらいのシミができるのか、わからないでしょう。燃えつくされるのか、埋められるのか、凍らされるのか、医学生がむかつきを守りながらリサーチに使うのか、はたまたミュージアムで表わすされるのか。日ごろでは一且絶え果てるとよくたくさんの選択項目があります。

関連ページ

葬儀の平均費用
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
お通夜
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
告別式
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
通夜ぶるまい
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
返礼品
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
戒名
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
お葬式の給付制度
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
生活保護の場合の葬儀費用
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。
四十九日の法要
お葬式についての情報を紹介します。いざという時にお役に立てる情報です。